健康食品の表示基準

健康食品は、通常の食事となる食品と医薬品の中間にあるような存在の食品です。
あくまでも医薬品とは区別するため、消費者庁が表示の制度を管理しています。


通常の健康食品と医薬品との間にも、特定保健用食品や栄養機能食品という特別に認可された健康食品があります。
それらの名称で名乗るためには、消費者庁の認可が必要です。
近年、トクホの愛称で親しまれる特定保健用食品や栄養機能食品が急増してきました。
人々が、健康に目を向けるようになった証拠ともいえるでしょう。
しかし、健康にいいと書かれているからといって、無闇に利用しても効果があるかどうかは個別に違います。
そもそも、医薬品のような効果を謳えないのが健康食品です。


医学的には効果が認められていないものの、民間療法的には体に良いといわれている食品の栄養成分を凝縮した健康食品には、一般の食品とは別の成分表示がなされるべきです。
例えば、遺伝子組み換えをした原料を使っているかどうかなども表示を考慮しなければなりません。
アレルギー物質を含む食品の表示も、義務づけられています。


基本的に必要な表示は、名称、原材料名、添加物名、内容量、賞味期限、保存方法、販売者、製造所固有記号、栄養成分、有機食品か否か、リサイクルマークなどです。
それぞれに定められた法律上の表示方法があり、従わなければなりません。
ここでは、健康食品の表示について、必須の記載事項や禁止事項などを紹介しましょう。


[Recommend site]
身体に良い健康食品として注目を浴びているユーグレナの青汁など、色んな原料の青汁を比較しているサイトです > > 青汁 比較